HUBSAN X4 DESIRE H502E のFPV VR化その3

ドローンで合法 FPVゴーグルでの操縦が楽しみたくて
200g以下の GPS 付 技適ドローンに5.8GHzアマチュアテレビを組み込みました。

前回のブログ記事:http://momoneko.moe-nifty.com/blog/2017/04/hubsan-x4-des-4.html

受信機は5740MHz と 5800MHzのF8Wが受信できる安価な受信機を入手しました。



ディスプレイはSONYのHHZ-T1を買って以来使わなくなっていたビデオアイウェア【VUZIX/ビュージックスWrap920 】を組み合わせる事にしました。



そうこうしているうちに無線局証票が送ってきました。
妻と共用設備なので2枚貼ります。



電波法でコールサインの送出が必要なので飛行前にコールサインプレートを撮影することにしました。



一式がバッグに入るようにしました。



FPVは楽しいです。
HUBSAN X4 DESIRE H502E 改造FPVは飛行時間も変わらず高性能です。



FPV ゴーグルでいつでもどこでも飛ばせるGPSドローン完成しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

DJI Mavic Proの純正 プロペラガード

DJI Mavic Pro純正のプロペラガード
これは取り付けがワンタッチで良いです。

これがないとDID地域や催し物の上空での飛行許可・承認が取れないです。



プロペラガードがあっても墜落すれば終わりです。
離着陸時の低空飛行時は安心感が有ります。
プロペラガードをつけて飛行させると強風に一段と弱くなります。
風が強い時に飛ばすとアラーム音声メッセージが怖くて飛ばせないです。



地上で良くても高度を上げた途端に風がつよいってアラームが出る事がよくあるので怖いです。

プロペラガードは風の影響が大きいので気をつけよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DJI Mavic Proに2台目のプロポ

DJI Mavic Proは2台のプロポで1台目をマスタープロポで2台目をスレーブプロポに登録できるので空撮を二人で行おうと思います。



暇さえあればドローンを飛ばしいますが空撮を二人でやってみたいと思います。

無人航空機の飛行に関わる許可・承認もカメラの操作だけの担当は不要なので飛行許可を受けた操縦者は操縦に専念して撮影は補助者に任せる事が出来るので安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HUBSAN X4 DESIRE H502E のFPV VR化その2

GPS 内蔵 技適の200g 以下の機体でFPVがしたくHUBSAN X4 DESIRE H502E のFPV VR化その2

前回のブログ記事:http://momoneko.moe-nifty.com/blog/2017/04/hubsan-x4-des-3.html

5.8GHz帯の国内アマチュア無線の周波数に固定してブロックダイアグラムと周波数固定措置を行ったと文書を付けてTSSへ保証依頼

40chの内2チャンネルのみ国内で使用出来るので2台申請

周波数 5740MHz



もう一台は5800MHz



とりあえずアンテナ軽量化をした5740MHzのアマチュアテレビをHUBSAN X4 H502Eに取り付けて飛行テスト



上につけたり下につけたりカメラと一体で付けたりテストをしたけどどれも問題なく飛行します。
ただGPSを遮断して飛ばすとバランスが良い方が飛ばしやすいのでバランスを考えて取り付けます。

上面に貼り付けるとGPSが取れないかと心配したけどそれも問題ありませんでした。

機体内部に余裕があるので内蔵することにしました。
シールド板に送信機を貼り付けることにしました。
アンテナはアーム内になる様に本体を斜めに貼り付けました。



カメラは内蔵させるには空撮用のカメラを取り外す必要があるのでコックピットの部分をカットして外に付けることにしました。



いい感じにカメラもつきました。



電源は機体の電源から取りました。

重量は160g



一応完成しました。

5.8GHzの3SAの免許は持っていますが無線機の増設で2台申請しました。(4級免許だと4SAです)

保証認定は簡単に通りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

HUBSAN X4 DESIRE H502E のFPV VR化その1

ドローンレースでVRの飛行を見て以来自分も合法FPV VRがしたくて取り組んでいます。

本当はHUBSAN X4 DESIRE H502Sを買って申請したいけど周波数もブロックダイアグラムもわからないので断念

小型のATV送信機とカメラを組み合わせて作ってアマチュア無線の申請をすることにした。

送信機はTS5823S 5.8MHz 40ch 200mW F8W
こんな小さい送信来て200mWも出て考えられない安さです。



40chのうち使えるのは2chです。
5740MHzと5800MHzのどちらかで周波数の固定措置を行います。
重量約7g



アンテナが重い
一式だと約16gも有るのでアンテナやコネクターは外して軽量化をします。



SMAが重いので送信機からグラインダーでカットしてのけました。



アンテナはカバーとSMAコネクターを外してスリーブアンテナを直接半田付け



スッキリしました。



カメラも小型です。



組み合わせて10gもありません
ケーブルが短くなるのでもっと軽量化できます。



送信機もカメラも機体のバッテリーから直接給電するのでこれをつければ200g以下のGPS付き合法FPV VRの完成です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

DJI Mavic Pro FPV VRゴーグル

DJI Mavic ProにFPV VRグラス
何度も登場しているスマホ用のVRグラスの活用です。



たくさんアプリが出ています。



どれも楽しそうです。
使い分けると面白そうです。



ただ このVRグラスを着けると目視外飛行になるので操作は出来ない



プロポを二台接続してサポートしてもらいながらなら操作OKかな?
それか 操作は人にしてもらって見るだけしかないのかな?



このアプリが一番高機能でいい感じですが
Dji Goを使わないのは怖いな〜



これも楽しいです。
ヘリコプターに乗っている感じです。



プロポ2台体制で操作はDjI GOで行いたいな〜
プロポだけで飛ばすのはイマイチ怖いな〜
早くDJIからVRディスプレイが出ないかな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DJI Mavic Pro用モニターiPadProサンシェード制作

DJI Mavic Proの飛行時にiPadProを使っているけど日が当たると見えにくい



樹脂板を使ってフードを作ることにした。
市販品は大きくて思い割に効果がない



薄い樹脂板をハサミで適当に切って作ります。
折りたたみできて簡単に組み立てられるようしました。



実際に使うときに効果がある角度に付いて
iPadProのカバーを外さないでも付けられるように作りました。



思った以上によく出来ました。
日除け効果バッチリで軽くて使いやすい



差し込み式の組み立てなんで組み立て分解も簡単で邪魔になりにくい
ちょうどランディングパッドのケースに一緒に収納出来たので良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DJI Mavic Pro用タブレットホルダー改造

DJI Mavic Proに使っているタブレットホルダーが弱々しくて使い心地が良くない



ホルダーの固定が弱いので金具にタップを立てて固定ビスを一つ増やすことにした。



裏側からM3のビスで固定
運搬時に取り外す必要があれば分解が面倒ですが
自分は分解しないので良いかな〜



いい感じに固定出来ました。
板の方が弱いですが許容範囲かな



使うときにiPhone用のケーブルを付けたままなので
左横にLightningケーブルのコネクターが通る穴を開けた。



この穴にコネクターが通るのでブラケットをつけるときにLightningケーブルが邪魔にならない



いい感じに出来たけど iPhone用のUSBコネクターを抜かないとipad用のUSBを認識しない
ま〜それは良いかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HUBSAN X4 DESIRE H502E のカメラの色調整

HUBSAN X4 DESIRE H502E のカメラの色合いが黄色っぽいので補正してみようと
ブルーの偏光シールを買ってみました。



そのままだと黄色っぽいので画像処理アプリで少し色補正をすると結構いい感じになります。



画像処理をしなくても良いようにと思ってブルーの偏光シールをレンズに貼ってみたけど青みが強くて
補正が必要になった。



結局 何も付けずに画像処理アプリの方が良いかな
レンズに直接光が当たるのでフードがあった方が良いかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HUBSAN X4 DESIRE H502E のモーター交換

ブラシモーターのHUBSAN X4 DESIRE H502E はよく飛ぶけどモーターの寿命が短いです。



ただの飛ばし過ぎかもしれませんが・・・



分解組み立てもなれてしまって超簡単です。



これからはモーターを休ませながら飛行をさせてみようと思います。
おもちゃとは思えない 飛行性能でマビックが飛ばせない時 HUBSAN X4 DESIRE H502E を飛ばしてストレス解消
HUBSAN X4 DESIRE H502E 楽しいです。合法FPV VR化も計画中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« DJI Mavic Proのカメラフード改造