« トイトランシーバー・・・高性能? | トップページ | 4・6+2エリア新年会 in Yamaguchi UBE »

TH-78ハンディートランシバー周波数ズレ調整

アイボール会の連絡用にハンディーを使用するためテスト運用をしてみると145MHzは、交信出来るのですが433MHzは、変調が割れて交信できませんでした。

Sany0413 周波数を測ってみると433MHzで10KHz以上ずれていました。

145MHzでは、1/3の3KHz位のズレでした。

Sany0416以前もズレて調整ポイントが判っているので早速430MHz側を調整しました。

430MHzで調整すれば145MHzもちゃんと直っていました。

前回、調整したときはバラバラにバラして調整したのですが・・・

そのときにメイン基盤に挿してあるトーンの基盤を除けるだけで簡単にトリマー調整出来ることが判りました。

頻繁に起こる故障なんでしょうね簡単に調整できるようになっています。

出来れば筐体を開けなくても出来るようになっていればもっと良いのですが・・・

古いリグですがとりあえずまだまだ使えそうです・・・良かった!

|

« トイトランシーバー・・・高性能? | トップページ | 4・6+2エリア新年会 in Yamaguchi UBE »

実験?修理?破壊?」カテゴリの記事

コメント

TH-78の周波数ずれ補正記事を拝見しました。私のTH-78も同じ現象があり、諦めておりましたが調整にトライしたいと思います。写真のトリマー?を微調整し、基準周波数にすると145MHzと433MHzが同時に調整が完了すると考えてよいのでしょうか?カウンターを持っていないので調整自体が怖いのですが、もう一台のトランシーバ-でモニターしながらできないか思案をしています。調整のコツなど伝授いただきたいのですが、よろしくお願いいたします。

投稿: ken | 2012年9月18日 (火) 21時45分

Kenさん 初めてまして\(^o^)/

調整は基準になっている周波数調整をするので高い方の周波数の430MHzで行うとより正確に合わせ易いです。
430MHzが正確に合えば144MHzは原理的にはその3倍位正確に合います。
ただしこのトリマーでは10KHz位までしか調整は無理です。それ以上はトリマーの容量か水晶の取替えが必要になります。
調整範囲無いだと良いですね。
交信が出来れば良いと思いますので調整は他のトランシーバーで受信して復調出来る範囲に調整すればOKと思います。
ご健闘をお祈りします。

投稿: ももねこ⇒ Kenさん | 2012年9月19日 (水) 02時24分

早速に周波数ずれ補正のアドバイスをありがとうございます。ももねこさんの補正写真を参考にしますと、調整側のTH-78 送信周波数表示を430MHzにして送信し、カウンター代わりの受信用トランシーバ周波数を430MHzにセットし、送信側(調整側)トリマーを回転させ、受信側が正常に受信できるポイントにセットすれば調整終了…なのかなあ…とイメージが沸いてきました。10KHz程度の変化ならば、恐れずトライするのみ…みたいな気持ちになっています。もし、調整方法が間違っていましてら教えてください。2週間程の内に調整を試みます。後日、結果を報告させていただきます。リグが生き返るのって嬉しいですね!!無線機器は道具ですが、相棒のような気分になります。

投稿: Ken | 2012年9月19日 (水) 21時49分

Kenさん こんにちは\(^o^)/

その通りです。
ご健闘をお祈りします。

投稿: ももねこ⇒ Kenさん | 2012年9月20日 (木) 04時32分

こんばんは!TH-78の周波数ずれ補正にトライしました。受信トランシーバーを近い所に置いて調整するので、中心周波数は感覚的にこんなものか!?辺りとなります。周波数カウンターの様には行かないので、大まかな調整の後に、外部アンテナに接続し、QSO局の通信を傍受し、最も良いと思われる調整点にセットしました。PLLの分周比調整?がずれているのか…430MHz帯で+40KHz、144MHz帯で+20KHzのズレで表示されます。QSOには影響がないので、このズレを差っ引きながら周波数を把握し運用させていただきます。ありがとうございました。
ところで、先日、アンロックのTS680Vを入手し、源発振の36MHz水晶が発振していない事から接続のTr電圧分布を確認しましたが正常なのです。水晶の持ち合わせが無いので、水晶をデコピン(一指し指ではじく)しましたら、綺麗に発振を始めましてアンロックが直りました。3日程たまに電気を入れ様子を見てますが、発振は続いています。
出力は7MHzで10Wですが、21MHzや50MHzでは5W以下の状況です。今度はWARCバンド開放(D28カット)と出力調整にトライしようと思っています。リレーも含め気長に修理を楽しまざるを得ない感じです。修理中に、水晶が発振しないので、ネットでアンロックを検索しましたら…ももねこさんがコメントしておられるのを発見し、幅の広さに驚きました。今後とも益々のご活躍を期待しております。取り急ぎTH-78の周波数ずれ補正のご報告とアンロックでももねこさんに出会ったご報告をいたしました。本日はこの辺で失礼いたします。

投稿: ken | 2012年9月27日 (木) 21時39分

kenさん ご報告をありがとうございました。
表示も良くなれば良いですね
他の部分が故障するまでは使い方でカバーするのも良いと思います。
では失礼します。

投稿: ももねこ⇒kenさん | 2012年9月28日 (金) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210671/44140310

この記事へのトラックバック一覧です: TH-78ハンディートランシバー周波数ズレ調整:

« トイトランシーバー・・・高性能? | トップページ | 4・6+2エリア新年会 in Yamaguchi UBE »