« 酒豪会・・秋のオンエアデー反省会 | トップページ | 金曜夜の床波海浜会・・・ボウズ »

無線デリカ入院・・ロッカーアーム破損

秋のオンエアデー移動中にエンジンの不調を感じ80kmの道のりを自走で引き返し

白い煙がマフラーから出て・・・
異常な振動が・・・・
多分1気筒死んでいる感じ

JAFの救援をお願いしたけどレッカーでは重すぎて引けない・・
キャリアカーは40km以内しか運送規定で運べない

故障箇所も特定できず・・・・

結局、精神的に死んでしまいそうな状態なのに自走して40km圏内になったら
無理をしないでJAFを呼んでくださいとのこと・・・・

保険さんの提携でJAFは50kmレッカー無料なんだけどな~

取り合えず時間を掛けて80km自走して帰り着いて

妻のアトレーターボでまた秋のオンエアデー参加の為100km走って予定地からオンエアデーに参加
アトレーターボは良く走るな~ 普通車をブチ抜いて行きます。 

DOHCターボのアトレーの走り侮れません

休みのあいだじゅう心の片隅にデリカのことが・・・心配で・・・

ヤット休みが明けたので仕事の合間に
何時もメンテナンスをしていただいている宇部車両整備さんに見ていただきました。

トラックなどのエンジンのメンテナンスを主にされている修理工場なので
デリカのディーゼルエンジンのメンテナンスはお得意です。

何時も信頼できる超ベテラン整備士に見ていただいています。

お世話になっている超ベテラン整備しさんがいらっしゃる限り一生 デリカにのれるな~って思っています。

今回は・・・エンジン積み替えを覚悟して相談に行ったら

振動が多くパタパタ言ったら バランスベルトの破損でしょうかね~

すぐに直りそうでチョット嬉しくなったけど・・・・

急ぎませんのでご都合のいい時に見てくださいとお願いすると
すぐに駐車場まで実に来てくださって

エンジンを掛けて確認

その場で燃料噴射ノズルのテストをして あ~1番のピストンが死んでますね~・・・ヤッパリ3気筒ですか・・・

エンジン積み替え・・・仕方ないな~

大丈夫ですよそんなに簡単には壊れませんから

燃料噴射ノズルが詰まっていることが良く有りますのですぐに隣のノズルと取り替えて確認・・・動きません

噴射もよく 他に見渡しても悪そうなところなし

オイル管理、水管理、ベルトの状態などのメンテナンスは良くされているのでエンジン本体の故障は考えにくいですね
メンテナンス状態が凄くいいと誉められて嬉しかったけど・・・・動かない

考えられるのはバルブの開閉の不調

Sany2112 すぐにヘッドを開けて・・・ビンゴです!

1番のバルブの開閉を行う ロッカーアームが破損していました。
ダイキャスト製なので他には傷も無くただロッカーアームが割れていました。
Sany2111 カムシャフトと他のロッカーアームを取り外して点検して・・・異常なし
破損したロッカーアームの取替ですぐに直るとの事

Sany2114 どのエンジンでもたまに有る故障らしい・・・運が悪いような・・・

他の場所もメンテナンスしていただいたけど特に何処悪くありませんよく管理していますね!
ヘッド内意外に綺麗 頻繁に行うオイル交換が効いているみたい

また 誉められて ・・・ 一生 乗りたいのでよろしくお願いします。(笑)
ヤット笑顔になれました。

部品入荷待ちで月曜日には修理完了予定です。

古い車なので次はどこが壊れるのかな~

補器関係は殆ど交換済みなので残るはターボチャージャーです。

ターボの故障は前兆があるし オイル管理もしているので大丈夫かな~ 

信頼できる整備士さんが居るので心強いです。

整備士さんとの信頼関係が無いと古い車には乗れませんね

ディーラーでの整備と違いテスターとかに頼らない職人技に惚れ込んでいます。

以前のデリカ関連の記事 http://momoneko.moe-nifty.com/blog/2008/12/post-af1c.html

|

« 酒豪会・・秋のオンエアデー反省会 | トップページ | 金曜夜の床波海浜会・・・ボウズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

致命的な故障でなくて良かったですね。

投稿: やまぐちAN77 | 2009年9月24日 (木) 19時16分

当局は愛車をここまで長く乗ってないんですよね~
一番長いのはランクル100で13万キロ。
でも排ガス規制で泣く泣く手放しました。
ディーゼルエンジンは最高でした、また乗りたいです^^。

投稿: チバKX56 | 2009年9月24日 (木) 20時49分

興味深く読ませていただきました。
3枚目の写真「左上」のロッカーアームですね。
>どのエンジンでもたまに有る故障らしい・・・
下側が見事に割れていますけど、普通は割れたりしませんよ。
>白い煙がマフラーから出て・・・
ん~っ、この話からすれば折れたのは
吸気側のロッカーアームだったんでしょうか?
排気側だったら、大ダメージになってたんじゃないかな。
早く直りそうで良かったですね。

投稿: AB182 | 2009年9月24日 (木) 23時29分

やまぐちAN77局 こんにちは

エンジンの積み替えを覚悟していたので結果を聞いたとき嬉しかったです。
冷静になって考えると大変な故障なんですが・・・すごく軽症に感じてしまいます。
ご心配お掛けしました。

投稿: やまぐちBA18 | 2009年9月25日 (金) 03時48分

チバKX56局 こんにちは

古い車はいつも故障の不安があって精神的に良くないですね
だけど好きな車なので乗りたいんですよね
幸い ディーゼル規制もない地域なので
当局も昔は車検が来たら乗り換えが当たり前と思っていてこの車で8台目の乗り換えです。ローンが終わったことなかったのですが(^^ゞ
気に入った車に出会えて良かったです。
しかしリコールとかがいまだに有って(まだ点検に出していない)
手の掛かる車です。

投稿: やまぐちBA18 | 2009年9月25日 (金) 03時56分

AB182さん こんにちは

こんなところ普通は壊れないですよね
ヤッパリ三菱か~って思いました。

整備士さんの話ではどのメーカーでも意外に有るらしい

アームがカムでバラバラに砕かれて
エンジン内部に入っていること有るけど

それでもオイルとオイルフィルターで除去されるようになっているので普通は致命傷にはならないそうです。

また、アルミダイキャスト製なのでオイルの状態が良ければ内部に殆ど傷も付けないとのことでした。

オイルって大事なんですね改めて思いました。

しかしこんな所が壊れるなんて信じられないですね

宇部車両さんは古いディーゼルのメンテナンスがメインなのでこんな故障もあるんでしょうね

先日は、昭和30年代のトラックが車検に入っていました。

エンジンなんて普通にメンテナンスしていれば何万キロでも乗れますよ
エンジンが壊れる前にボディーがぼろぼろになります。
との事でした。

車検を受けていた40年数年前のトラックは現在の規定では製造できない??トン積みのトレーラーヘッドなので如何しても車検を通さないと代わりが無い車だそうです。

ボディーは鉄板をアーク溶接してサンダーで削って塗装
荒っぽいけど良い感じに仕上がっていました。

バスは走行距離200万キロオーバーも有るので当局のデリカの16万キロはまだまだ序の口みたいなので
まだまだ乗りたいな~


投稿: やまぐちBA18 | 2009年9月25日 (金) 04時18分

お邪魔します♪。

CITTZENetからやってきました。
16万キロなんて、マメにメンテナンスをいていれば
まだまだですよね。
当局も、25万キロ超のイプサムに乗っていますが
故障知らずです。【年内には26万キロに達します】

来シーズンは、是非お空の上で
お相手して下さい。 

投稿: サイタマK351 | 2009年9月25日 (金) 11時58分

オイル交換をけちっているせいでたいした走行距離でもないのに黒煙で×になるクルマは度々ありますよね。

投稿: オオサカHNC24 | 2009年9月25日 (金) 20時43分

サイタマK351さん コメント有難うございます。
昔は新しい車を乗り換えるが良いと思っていましたが今は気に入った車を長くのりたいと思っています。
当局は26万キロまでまだ10万キロありますね~
10万キロ乗る人も少ないのでまだ新車みたいなものですね(笑笑笑)

投稿: やまぐちBA18 | 2009年9月25日 (金) 22時49分

オオサカHNC24 コメント有難うございます。(^_^)v

オイルって大事なんですね 改めて思いました。

黒煙のすごい車いますよね
昔のデリカ&パジェリロは黒煙排出車の代名詞です。
だけどオイル管理とポンプのセッティングをきちんとして粗悪軽油使わなければそんなに黒煙で無いですがね~

デリカディーゼル・・・悪の代名詞 (涙

投稿: やまぐちBA18 | 2009年9月25日 (金) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210671/46300801

この記事へのトラックバック一覧です: 無線デリカ入院・・ロッカーアーム破損:

« 酒豪会・・秋のオンエアデー反省会 | トップページ | 金曜夜の床波海浜会・・・ボウズ »