« HIDその後・・浸水 | トップページ | 車海老の味噌漬け »

ホンダフュージョンのHID取付

昨日は、夕方からHIDの取付を行った。

フュージョンは、H4タイプのHi/Lo切替式

02F4CB39-964E-48F0-AA74-9C5B3473A1ED

自動車用の安価な物を調達

早速、取付けを開始

写真を取り忘れましたがフュージョンの
メンテナンスカバーを3本のネジで取り外し

ネジは少ないけどはめ込みが多いいので
慎重に行わないと部品が欠けそうで怖い

カバーが外れたらバルブを取り外す。

ハロゲンバルブを取り外すにはまずは、
バルブに刺さっているコネクターを引き抜く

青白のコードのコネクターが外したコネクターに

Hi/Loの切替の信号を取り出すコネクターを挿した状態

7E1772B8-C95F-4FF2-BC29-E031ED7A24CA

次に防水ゴムカバーを取り外す。

防水ゴムは、白い円形のプラスチックごと左に回して
ロック解除をして取り外す。

防水ゴムだけとを取る事は出来ないので注意

バルブの座金が見えてきたら押さえのバネを外してバルブを取り外す。

ハロゲンバルブとHIDバーナーを取り替える

H4 Hi/Loはバーナーの後ろに電磁石が入っているので座金より後ろが長いのでハンドルに当たりそうでしが問題無く取付られました。

7CE4FC20-BD67-4C79-9A18-8EFFAC02B699

バラストの取付前にフタを開けて防水状態をチェックすると
やはりゴムコーティングが中途半端だった。

4E713675-AC0E-4F9D-A1E8-823C68609CFF

念のためフタの内側の周囲とケーブルブッシュの中を
シリコンコーキングで防水処理をした。

5868419B-F6BB-4372-84E2-E3604A16EFE5

リレーケーブルの改造
写真を取り忘れましたがハロゲンのH4バルブは
Hi/Loで別々のフィラメントが点灯するので

そのままバーナーとバラストに繋ぐとLoだけしか点かないので

リレーを利用してキーONの時にはバッテリーから直接バラストに電源を供給して
Hiビームの時はバーナーの電磁石に電源を供給するようにした。

ヘッドライト後ろからバッテリーまで
ショートしないようにコルゲートチューブに
いれたプラス側コードを外装をバラさずに配線

D2A2C84D-1207-4D7F-BB7B-96A8D8BF5892

バラストは、ラジエターキャップの取付ボルトに
ステーを共締めして固定した。
チョット熱が心配です。

9E8F6C71-6EFB-46DD-9D04-70F5C9A69319

外装を仕戻して完成

何と6時間も掛かってしまった・・・・

日付が変わってから真夜中の

光軸確認

Loビーム

76B2B235-1CF0-4239-883D-F2B0D2B89B26

Hiビーム

B4888CDE-20DF-424C-BEA5-A2DD2CE001E4

光の拡散も無くいい感じです。

バイクは昼も夜もヘッドライトを付けっぱなしなので
消費電力の低いHIDは嬉しいです。

昼間も明るく目立つので安全性も向上!

ただ、一灯式なので夜に切れたら最悪ですが・・・・

経過報告:ほぼ毎日使っていますが2011年6月13日現在問題なく点灯(^O^)/

|

« HIDその後・・浸水 | トップページ | 車海老の味噌漬け »

バイク」カテゴリの記事

実験?修理?破壊?」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

やまぐちBA18局こんばんは

今日は筋肉痛で大変ではないですか?

昨日は帰って作業をやられたんですね。
遅くまでお疲れ様で~す。

投稿: ヤマグチIA777 | 2011年2月21日 (月) 19時10分

ヤマグチIA777さん こんにちは\(^o^)/

確かに痛いです。
高所恐怖症なので安全帯が信用出来ないで
腕に力が入って 青あざになっていました。

疲れていたけどバイクのライトを付けると決めていたので我慢出来ずに頑張ってしまいました。

性格が子供なので思い立ったら我慢が出来ない(~_~;)

深夜まで掛かってしまった・・・・

CMの帰りはライトが明るいのが嬉しくて
港を回って帰りました。

あ~お腹が空いた~

投稿: ももねこ@やまぐちBA18 | 2011年2月21日 (月) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210671/50930108

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダフュージョンのHID取付:

« HIDその後・・浸水 | トップページ | 車海老の味噌漬け »