« 顔っぽい | トップページ | 日産VIOLET バイオレット »

またTH-F7受信改造

なぜかまたTH-F7 の受信改造

TH-F7の受信改造はジャンパーチップを外すだけ

分解は上部のSMAとボリュームのロックナットと下部にあるビス2本を外すだけなので簡単です。


1317772946134.jpg

しかし今回のF7はボリューム、エンコーダーのツマミが抜けなくて力を込めると軸が抜けそうで怖かったです。

以前、FT-817のダイアルツマミを外すのに軸を抜いてしまった前科があるので(^_^;)

ま~抜けても何とかなりますが・・・

ロックナットを回す工具を持っていないので何時も通りピンセットで回します。

硬い時はマイナスドライバーで回しますが傷が付いたら嫌なので慎重に作業

これを回す工具が欲しいな~


1317772963163.jpg

下部のネジは2本だけ

後はケースから引き抜いて出します。
この時にイヤホーンマイクと電源の防水カバーを外しておかないと最悪の場合
基盤からマイクジャックや電源ジャックが外れて壊れます。


1317772973980.jpg

ケースが開いたらネットに書いてある通り
ジャンパーチップを外すだけ

半田ゴテでチップのハンダを溶かして外そうとすると難しいので

小型のハンダゴテでチップの上にハンダを盛って
表面張力を利用して小手先にくっ付けて外した方が簡単です。


1317772990869.jpg

外したジャンパーの上にも何も付いていない端子が有るのでココにをジャンパーすると海外仕様に変身するのかな~

眠いので実験せずにケースを仕戻して完了

TH-F7が2台になりました。(^O^)


|

« 顔っぽい | トップページ | 日産VIOLET バイオレット »

実験?修理?破壊?」カテゴリの記事

コメント

図解をありがとうございます。このページのおかげで簡単に蓋を開けられました。

投稿: K | 2012年2月12日 (日) 17時00分

Kさん はじめましてm(_ _)m

自分のブログが役立って嬉しく思います。
TH-F7は良い無線機ですね
電圧が下がるとSSBの復調悪くなるので要注意ですが
さすがに長期リリースのリグです。
10年前の方のリグもノートラブルで調子良いです。
最近は広帯域受信機でもSSBがついている機種が少ないので貴重なハンディーですね

投稿: ももねこ⇒ Kさん | 2012年2月12日 (日) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210671/52913221

この記事へのトラックバック一覧です: またTH-F7受信改造:

« 顔っぽい | トップページ | 日産VIOLET バイオレット »