« DJI Mavic Pro FPV VRゴーグル | トップページ | HUBSAN X4 DESIRE H502E のFPV VR化その2 »

HUBSAN X4 DESIRE H502E のFPV VR化その1

ドローンレースでVRの飛行を見て以来自分も合法FPV VRがしたくて取り組んでいます。

本当はHUBSAN X4 DESIRE H502Sを買って申請したいけど周波数もブロックダイアグラムもわからないので断念

小型のATV送信機とカメラを組み合わせて作ってアマチュア無線の申請をすることにした。

送信機はTS5823S 5.8MHz 40ch 200mW F8W
こんな小さい送信来て200mWも出て考えられない安さです。



40chのうち使えるのは2chです。
5740MHzと5800MHzのどちらかで周波数の固定措置を行います。
重量約7g



アンテナが重い
一式だと約16gも有るのでアンテナやコネクターは外して軽量化をします。



SMAが重いので送信機からグラインダーでカットしてのけました。



アンテナはカバーとSMAコネクターを外してスリーブアンテナを直接半田付け



スッキリしました。



カメラも小型です。



組み合わせて10gもありません
ケーブルが短くなるのでもっと軽量化できます。



送信機もカメラも機体のバッテリーから直接給電するのでこれをつければ200g以下のGPS付き合法FPV VRの完成です。


|

« DJI Mavic Pro FPV VRゴーグル | トップページ | HUBSAN X4 DESIRE H502E のFPV VR化その2 »

ラジコン」カテゴリの記事

実験?修理?破壊?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210671/65198306

この記事へのトラックバック一覧です: HUBSAN X4 DESIRE H502E のFPV VR化その1:

« DJI Mavic Pro FPV VRゴーグル | トップページ | HUBSAN X4 DESIRE H502E のFPV VR化その2 »