« 12V クーリングファン | トップページ | 第7回 東陽祭り MIKKOライブ »

デジタル掛け時計修理

キャンピングカー ラクーンに付けている
電波式掛け時計が暗いところに置いていると
表示が消えてしまうので修理しようと思い
蓋を開けようとしても空かない

最近 はめ込みが多いので隙間にピックを差し込んで
ちょっと力を入れるとパキって嫌な音がして

もうどうでも良くなって力ずくで開けると
表のパネルが両面テープで止めてあって

もうパネルも欠けてゴミになってしまったのでゴミ袋へ
一、二週間ゴミ袋の中だったけど何となくかわいそうで修理することに



CR2477という珍しいリチウム電池をAmzonに注文
バラバラになったパネルをプラリペアーで整形



大変な作業になってしまったけどプラリペアーで修復してペーパーを掛けて塗装

次回のバッテリー交換を考えてウラ面のネジだけで開けられるように改造



1週間掛けて修理完了 復活しました。
買えば安いものですが気に入っていたので直って良かったです。

|

« 12V クーリングファン | トップページ | 第7回 東陽祭り MIKKOライブ »

実験?修理?破壊?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210671/65926848

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル掛け時計修理:

« 12V クーリングファン | トップページ | 第7回 東陽祭り MIKKOライブ »