« RICOH THETA S桜撮影 | トップページ | 海鮮丼「丼丸」 »

PENTAX Q7レンズマウントアダプター

PENTAX Q7用の40年以上前のミノルタのレンズが付けてみたくてミノルタレンズアダプターを買いました。



f=135mm f2.8で月を写してみました。
50mm f1.4も付けてみましたがカラーフリンジが多いです。




昔のレンズで超望遠撮影が出来るのは面白いです。



以前から持っているEFレンズアダプターで月を撮影
こちらも40年くらい前のシグマの600mmミラーレンズです。



ミラーレンズなので色収差が無いです。
35mm換算2760mm
満月だとフレームにギリギリで天体望遠鏡みたいです。



小さなカメラでいろいろ遊べて楽しいです。
ブレが酷いので手持ちは無理ですが小型で2760mm
脅威の超小型望遠レンズです。

« RICOH THETA S桜撮影 | トップページ | 海鮮丼「丼丸」 »

散財生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX Q7レンズマウントアダプター:

« RICOH THETA S桜撮影 | トップページ | 海鮮丼「丼丸」 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ