« リステリン ホワイト | トップページ | 何年ぶりだろう公衆電話 »

RICOH THETA S用の自撮り棒を作った。

お気に入りのRICOH THETA Sですが飽きてきたので変わった写真が撮りたくて自撮り棒を作りました。



昔 CBトランシーバーの擬似アース用に使った釣り竿
縮めると20cm位で伸ばすと2.7m位になる超コンパクトな竿です。
先端の細い竿の部分を除けてカメラ用の1/4wのネジが入る太さの所から太い方を使います。



ネジにエポキシ系接着剤を塗って竿の中にも流し込んでステンレスのネジを付けて完成です。

縮めると20cm伸ばすと2m以上の便利な自撮り棒です。

空撮風に撮ったり 防水ハウジングに入れて水中を撮ったり
崖っぷちで超ローアングルで撮ったりすごく楽しいです。
変わった写真が撮れて大満足です。

« リステリン ホワイト | トップページ | 何年ぶりだろう公衆電話 »

実験?修理?破壊?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RICOH THETA S用の自撮り棒を作った。:

« リステリン ホワイト | トップページ | 何年ぶりだろう公衆電話 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ