3D 動画と写真

PENTAX Q7 と 交換レンズ

久々にPENTAX Q7で超望遠撮影実験

PENTAX Q7は焦点距離が35mmフルサイズ換算で焦点距離が4.6倍になる



大昔のSIGMA f=600mm F8のミラーレンズを引っ張り出してきてf=2760mmの撮影をしてみた。



iPhone 7 PLUSで50mm相当くらいで撮影したらこんな感じ



遥か遠くの電柱のガイシを撮影してみるとシッカリ文字が読めます。



メカシャッター無いので少しでもブレるとコンニャク現象で歪むのでシッカリした三脚で撮影をしないと全くダメです。

三脚がなかったので台の上に置いてセルフタイマーで撮影

コントラストは無いけどまさか字が読めるとは思わなかった。
小鳥とかを写してみたいな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルチカムデザイナーで編集



4台のFHDカメラで3時間撮影の映像をpower directorのマルチカムデザイナー編集で編集中

1台のカメラが細切れ撮影だったので初めに他の3台のカメラと音声で同期をとって1本の細切れ映像を他のカメラと同じように1本の映像に変換して4本とも音声で同期ができる状態にしてマルチカムデザイナー編集で4台映像を編集

4台とも切らずに撮影していれば直ぐに同期が出来るけど下ごしらえに時間が掛かってしまいました。

3時間のマルチカムデザイナー編集は楽しくあっという間に終わったような感じですがこれから
映像の露出や色温度の調整そしてタイトルとか・・・
まだまだ先は長いですが楽しみながらやろうと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY BDP-Z1 ポータブルブルーレイプレイヤー

SONY BDP-Z1 ポータブルブルーレイプレイヤー



ブルーレイが観れるポータブルプレイヤーで3D対応のものを探したけど今更 4K、8Kで盛り上がっている時に裸眼3D搭載のプレイヤーは無い?



唯一 HDMI出力が3D出力対応の機種はBDP-Z1だけかな?

これなら 富士フィルムのデジタルフォトフレーム FinePix REAL 3D V3やSONYのヘッドマウントディスプレイで外出先で3Dが楽しめる



SONYのHMD-1ヘッドマウントディスプレとFUJIFILM デジタルフォトフレーム FinePix REAL 3D V3 に接続してみるとバッチリ3D視出来ました。


地デジフルセグワンセグ付きでバッテリー長持ちすごく良い製品だけど
少し重いな〜 ついでに裸眼3Dディスプレイがだったら良いけど・・・

時代は4K、8Kかな〜
3D面白いんだけどな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同一場所から2カメ撮影

先日は3台の3Dカメラで3カメ撮影をして面白かったので今回は同じ場所から広角に固定した3Dカメラと望遠の3Dカメラで撮影してみました。



ズームしないで編集でカメラを切り替えて仕上げます。
同一モニターで画像を確認しなかったので色味が合わないので編集でホワイトバランスを取り直します。
編集まえにホワイトバランスだけを補正しようと思ったけど3Dなので手持ちのプログラムでは出来なかった。
編集時には出来るけどもっといい方法は無いかな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルチカムデザイナー

CyberLink PowerDirector 13 のマルチカムデザイナー機能で映像編集



いつもは複数カメラで撮っても普通の編集画面で細切れにして編集していますがせっかくマルチカムデザイナー機能が有るので今回はそれで編集をしてみました。

これは楽しいです。没頭すると複数台のカメラを切り替えながら撮影しているような錯覚をするような感じです。

今回は3Dビデオカメラ3台での撮影ですがノートPCでも快適です。

マルチカムデザイナー編集にはまりそうですがカメラのセッティングが大変だな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長門市 二位の浜で海水浴

8/2 夏を満喫するために長門市 日置町 二位の浜に海水浴に行きました。



峠を越えると別世界が待っている。
子供の頃から変わらない綺麗な海
自生のハマユウの香りと潮の香りが心地よい



ホームセンターで買った安い 足ひれ、スノーケル、水中メガネはもう30年くらい使っているけど痛まないですね

昔のゴム製は手入れと保管が難しかったけど
水洗いだけで30年近く問題なく使えている



一昨年までは海水パンツのみで泳いでいたけど最近は温暖化で何がいるかわからないので上下スイミングウェアを着て泳いでいます。



今回も3D水中写真とビデオを撮影しました。
水中写真は3Dで見ると奥行きや魚の位置関係がよく分かって面白いです。
Webでは3Dで掲載できないのが残念です。



小魚が沢山泳いでいます。たまに大きな魚が来るけど撮影が難しい。



砂地にはカレイやフグが潜っているけど写真では分かりにくいです。



今年は藻が多いような気がします。



なまこ? ここで初めて見ました。
昔はタコ、イカ、石鯛の稚魚がいたけど最近は見ないな〜



この海を見ながら泳いでいると後何回見れるのかな〜って寂しくなってくる。



ここで今年も2泊くらいキャンプしたいけど時間が無いな〜



陸にはマムシ海には温暖化で海ヘビにサメ
自然は怖いな〜



とりあえず2回目の海水浴楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AVCHD 4GB超えのファイルの結合

ビデオ映像の4GB超えのAVCHDデーターの結合について何気なく検索していたら・・・

簡単に出来るんですね

一部のビデオ編集ソフトやSONYの付属ソフトでは音切れなく結合出来るらしく

自分はSONYのPMHで結合していたんですが・・・
http://momoneko.moe-nifty.com/blog/2014/07/avchd-3d-4gbo-5.html

フリーソフトやDOSコマンドで結合出来るとは嬉しいです。
記事をアップして下さっていた方に感謝です。

DOSコマンドは試していないのですがフリーソフトは試してみるとバッチリ結合出来ました。

自分の覚書として書いておきます。
DOSコマンドはWindowsのDOS窓で
DOSのCOPY /B コマンドを使って結合することが出来るみたいです。

コマンドで入力方法は
0000.MTSと0001MTSを結合して
新たに結合済みのファイル名をketugou.MTSとして保存する場合
DOS窓等で
c:¥ COPY /B 0000.MTS + 0001.MTS ketugouMTS
実行すれば出来るらしいです。

フリーソフトはtsMuxeRというソフトです。

http://www.videohelp.com/software/tsMuxeR

早速 ダウンロードして試してみました。

先人のブログ記事の通りZipファイルを解凍してtsMuxerGUI.exeをクリックして起動するだけで使えました。



簡単な操作でAVCHD 3Dも問題なく結合出来ました。

記事をアップされた方に大感謝です。

使い方は上のタブで「Input files」を選び
右端の「add」ボタンを押して保存してあるビデオファイルフォルダから分割されたファイルの中の先頭のファイルをクリックします。(例では00000.MTS)

AVCHDの場合 通常PRIVATE→AVCHD→BDMV→STREAMに保存されています。



次に、右端の「join」ボタンを押して
2番目以降のファイル分割されたファイルを順次選択して行きます。(例では00001.MTS、00002.MTS)

Input files欄に後ろに繋がるファイルの前に「++」が表示されます。

次に、下段の方の「Output」欄で「M2TS muxing」のボタンを選択。

その下の欄で、ファイルを書き出すホルダーとファイル名を✳︎✳︎.m2tsを指定します。

最後は最下段の「Start muxing」を押すと指定したホルダーに結合されたファイルが出来上がります。



これで4GB自動分割も怖くありません。

情報を提供して下さるブロガー方々に大感謝です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lenovo Y50 4K ノートPCとPowerDirector 14 UltimateSuite



Lenovo Y50 4K ゲームノートPCでPowerDirector 14 Ultimate Suiteを使っているけど動きがかなり悪い・・・

4K表示に対応させる為にPowerDirector 13 Ultimate Suiteから14にソフトも買い換えたけど

Core i5のノートでPowerDirector 13 Ultimate Suiteを使っていた時の方が快適だった。

スペック的にはLenovo Y50はかなり良いけどビデオ編集はイマイチ・・・

せっかくの4K ディスプレイだけどフルHDで使うことにした。



アイコンが巨大になるのでアイコンを最小表示に設定



これで普通のFHD表示のPCになりました。
これならPowerDirector 13 Ultimate Suiteのままで良かったけど・・・

フルHD表示で使用するとめちゃくちゃ快適になりました。

編集時にアナグリフ3D表示をさせても全くもたつかないし良い感じです。

これでストレス無くPowerDirector 14 Ultimate Suiteが使えます。

表示はディスプレイが高精細なので4K表示にしなくてもかなり綺麗なのでフォトレタッチも良い感じです。

あ〜良かった。

だけどYouTubeの4K動画を見る時は4K表示にしたほうが良いな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宙玉レンズの鏡胴製作

昨日作った宙玉レンズの鏡胴を作った。
昨日の記事:http://momoneko.moe-nifty.com/blog/2015/05/post-bc80.html

丁度良い筒が無いのでコピー用紙をラミネートして作ることにした。



コピー機蓋を開けてコピー片面真っ黒のコピー用紙を作って白い面だけをラミネートして丸めた。

黒い面をラミネートすると光るのでNG



折り曲げしろに両面テープを付けてレンズを固定した。



内側はこんな感じでつや消しの黒です。



これで完成にしようと思ったけど
ひと回り大きい筒を作ってスライド式のフードを付けた。



良い感じです。

iPhoneで試し撮り



EOS のEF24-70Lのフードに付けて長さの調整をしました。



良い感じです。マクロモードでで撮れるので
iPhoneより綺麗に写るみたいです。



ま〜玉が歪んで気泡も入ったガラスで透明板は少し曇った透明下敷きなんで写りは期待出来ませんが遊べそうです。

とりあえず完成\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宙玉レンズを有り合わせで作ってみた。

最近流行っている!? 宙玉レンズの写真

宇宙空間に被写体が浮かんだ様に写ってすごく綺麗です。

ゴールデンウイークにこのレンズで撮影してみたいと思ったけどもう間に合わ無い

そこで¥100ショップで揃う材料で作ってみた。



材料は透明の下敷き 、透明の玉が欲しいので探したら万華鏡に付いていた。



10分硬化エポキシ接着剤、円形カッター、カッター用マット

全部¥100ショップで揃うけど下敷きと玉以外は以前買った物です。

なので今回の出費は¥200

円形カッターで使用予定のレンズのフードの外径で円く切った。



玉の径より小さめの円を円形カッターで切った。



玉をエポキシ接着剤で接着



こんな感じでくっ付きました。



後は筒を作ってEOSのEF24-70にマクロモードで撮影する予定ですがiPhoneの前に手で持って写してみた。



ちゃんと黒い筒で覆って写せばもっと綺麗に写るかな

朝早起きして1時間でここまで出来ました。

万華鏡をバラす前に万華鏡を使ってiPhoneで撮影してみました。



一期一会の美しい瞬間が撮れて面白いですね



iPhoneのレンズって小さくて良く写るので色々写せて便利ですね

鏡胴の製作記事:http://momoneko.moe-nifty.com/blog/2015/05/post-64ff.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧