実験?修理?破壊?

FMV LIFEBOOK AH42/Jのメモリー 増設

FMV LIFEBOOK AH42/Jのメモリーを増設しました。

標準で4GBでプログラムの起動時にメモリーの使用率が90%近くになるので中古の4GBのメモリーを買って8GBにした。

69f9ede259d94a73bd4936e53b16f509

4GB DDR3-10600 ノートPC用 SO-DIMM バルク品

9d1f92ae8f2e487b809a981223db43e5

裏ぶたを止めているビスも少なくてメンテナンスが楽です。

60391d55739249a7b2637ac926194caf

4GBが一枚入っているので上にもう一枚刺しました。

バッチリ作動しました。

HDDの遅さが目立つな〜

D-FantiX ミストファン

毎年のようにモバイルファンを買っているけど今年も買ってしまいました。

D-FantiX ミストファン

Img_4183

ブラシレスモーターで静かで大風量そして超音波式のミスと発生装置付きこれはすごいです。

バッテリーの持ち良いです。

Img_4184

使った感じは風だけでもすごく気持ち良いけどミスとを出すとすごく涼しいい

気化熱で冷たい風がが来ている感じがする。

早速実験しました。

風だけの時は温度は変わらず23.5度

Img_4314

ミスとを出すと17.5度まで下がってやっぱり冷たい

今回の実験では6度低くなりました。

Img_4313

これは良いな~

だけどストラップが欲しいのでカラビナでも取り付けようかな

このファンは2018年度に発売されたもののようなので

今年のファンも欲しいな

SSDをHDDケースに入れた。

取り外したmSATA 128GBのSSDをタイプCのケースに入れてモバイルで使おうと思った。

Img_4315

すごく小さくていいけど・・・・

128GBってSDカードと一緒だ

1TBくらいあればいいけど2万円以上するので断念

2.5インチの1TB SSDをケースに入れることにした。

Img_4229

ビデオ編集で外付けHDDを

使っているけどSSDの方が少しでも快適になるかな?

期待してSSDを買いました。

Img_4231

2.5インチのケースは安くていいです。

ケースは丈夫そうだけど大きいな

Img_4311

タイプCのSSDケースで色々使えそうです。

ビデオデーターを入れてみたけど・・・

それほど体感速度は上がらなかった(-_-;)

 

自転車のパンク修理

毎日乗っている自転車のタイヤが朝パンクしているとショックです。

修理離れているので¥100ショップのパンク修理キットで修理

Img_4061

修理して夜見るとまたパンクしている

確認すると修理したところから漏れていいる。

ちょうどゴムの継ぎ目の段になったところからの漏れだったけど紙やすりで簡単に擦ってパッチを貼ったのがダメだったみたい

今度はグラインダーでゴムの継ぎ目を平らにして慎重に糊付け

Img_4071

ゴム糊もしっかり乾かしてハンマーで叩いて確実に接着しました。

適当に張り付けても漏れたことがないので甘く見ていたな~

これで空気が漏れなくなりました。

Lenovo G580 HDDを1TB SSDに交換

このPCは全然スペックはよくないですが普段一番よく使っているPCです。

以前も遅くてどうしようもないのでメモリを増設しました。

このPCの良いところは抜群のメンテナンス性です。

Img_4238

簡単に開けられるPCは良いです。

まずはwindowsの機能のディスクの管理でSSDをフォーマットして領域確保をします。

今回もHDDアダプターのクローン機能は使用せずに

EaseUS Partition Master の無料機能で作成しました。

Img_4235

これも容量が少ないのですぐにクローンが完了

HDDをSSDに差し替えて早速起動

それほど早くなった気がしないけど容量の大きなソフトの起動は

以前はいつになったら起動するの?って感じが遅いけどそれなりに早くなりました。

容量を確認すると以前のHDDのままなのでCドライブの拡大をします。

Img_4241

しかし未割当領域が隣にないのでパーティションの移動が必要だけど・・・・

フリーソフトのEaseUS Partition Master Freeを使用してパーティションの移動、Cドライブの拡大をしました。

Img_4244

便利なソフトだな~

Img_4245

他にもSSDにしたいPCがあるけどとりあえずこれで良いかな

SSDに交換したPCのすべてにディスク監視ソフトCrystalDiskInfoを常駐しました。

ま~SSDは壊れるときは書き込みが先に出来なくなるらしいので書き込みのエラーが出た時点で交換すれば間に合うかな

SSDが安くなって古いPCの延命ができました。

 

 

ACER Aspire V3 V3-571-H58D/LKのHDDを1TB SSDに交換

一時期の円高でPCが安かった時代に購入したACER Aspir V3 液晶の解像度は低いですがそれ以外は特に不満の無いPCですが

最近は使ったことがないブルーレイドライブも内蔵して便利なPCです。

このPCもSSDにすることしました。

今回も書き込み可能量 1,440 TBW TBWと安心感があって価格も安いSamsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型7mmにしました。

今回の内蔵HDDは9mmなのでスペーサも¥300位で購入しました。

裏ブタは封印をきれいに剥がしてネジを外せ簡単にHDDとメモリにたどり着きます。

Img_4020

メモリは以前 増設して16GBにした時にも開けていますがこれはメンテナンス性が良いです。

クローンの作成には今回もHDDのアダプターのクローン機能は使用せずに今回もEaseUS Partition Master の無料機能で作成しました。

買ってきたSSDはwindowsの機能のディスクの管理でフォーマットして領域確保をします。そうしないとSSDが認識されません。

Img_4021

HDDの容量が小さいので割と早くクローンが完成しました。

早速 HDDとSSDを差し替えてスイッチオン

Img_4022

なんの問題もなくwindowsが起動しました。ディスクを見るとCドライブがHDDの時と同じ容量で隣に未割り当てが沢山あるのでwindowsのディスク管理でCドライブにすべて割り当てて1TBにしました。

このPCも起動が速くなって新しいPCに立った感じです。

HDDの読み込み速度がネックになっているPCだと効果抜群です。

PCのSSD化はまだ続く

 

 

acer Aspire S7 MobilePC の 128GB SSD を1TB SSDに交換

acer Aspire S7-191-F74Qの128GB SSD を1TB SSDに交換

このPCももう古いけどすごく快適で小型でタッチパネルもあるし表示はFHDできれいなのですごく気に入っているPCだけど容量が128GBしかないので使い道が限られている・・・

128GBSSDは64GB SSDを2枚組み合わせてRAID0を構成しているのでそのままクローンにしても動かないかもしれないけど・・・
1TB mSATA SSDに交換しました。

今回もサムスンのSSDにしました。しかし2.5インチと比べると高価でしかも書き込み可能容量も6000TBWと少ないです。

買ってきたSSDはwindowsの機能のディスクの管理でフォーマットして領域確保をします。そうしないとSSDが認識されません。

Img_3999

Samsung SSD 1TB 860EVO mSATAなので直接アダプターに接続できないのでmSATA→2.5インチケースに入れてクローン作成をしました。

Img_4001

2.5インチSSDと同様に扱えて便利です。

Img_4003

今回もEaseUS Todo Backup Freeの無料機能でクローン作成

Img_4004

しかし嫌な予感が・・・
クローンは完了したけどRAID0をそのままクローンで良いのかな??

Img_4002

早速 裏蓋を開ける 封印をきれいに剥がしてT6のドライバーで裏蓋を開けようとするけど・・・
開きそうで開かない・・・
よく見ると隠しネジが有りました。壊さないで良かったです。

Img_4007

当時としては先進的だった128GB SSD

Img_4008

この大きさで1TB 技術の進歩はめざましいです。

Img_4009

小さなSSDを小さな1TBのSSDに差し替えてスイッチオン!!

あれ・・・
ブルーバック
起動しない

Img_4012

仕方がないのでまたSSDを元に戻してイメージディスクを作成して復元することに
ソフトを入れてイメージファイルが出来たのでとりあえずそのまま復元の途中まで確認することにしたら
windowsが起動しない(*_*)
試行錯誤をしてもダメなのでSSDからデーターだけ抜き取ってwindowsを初期化することにした。

windows10は素晴らしい!!
MicrosoftのHPからwindows10のイメージファイルをDVDに焼き付けてwindows10のクリーンインストールを実施
ノートなのでドライバーが不安だけどこれしか方法が無いのでやるしかない。

1TBのSSDに差し替えてDVDから起動してwindows10のクリーンインストール実施

Img_4053

クリーンインストールは簡単に終わって認証
アップグレードでwindows10にしているのでコード無しで進んでみるとバッチリ認証されてまっさらなPCになりました。

SSDに何も入っていないのでとりあえずビデオ編集ソフトを入れてみた。
なんとメモリーは4GBしかないのにめちゃくちゃ快適に作動する。

試しにAVCHDで4カメで2時間半撮影した動画編集をしてみると無理かと思ったら問題なく動くので驚いた。

10.1インチのMobilePCでタッチパネルも使えて画面はFHD表示 自分の用途ならまだまだ現役だな

windows10のクリーンインストールのおかげで生まれ変わって良かったな~

SSD交換はまだまだ続く

 

 

ゲーミングノートパソコン「Lenovo Y50」のHDDをSSDに交換

ビデオ編集に使っている4kディスプレイのレノボ ゲーミングノートパソコン「Lenovo Y50」のHDDの調子が良くなくて起動時に起動ディスクが無いメッセージが出てブルーの画面でフリーズする。

筐体を軽くたたきながら何度かスイッチを入れ直すと起動する。末期症状の状態でのハードディスクを交換

SSDがすごく安価で性能も上がっているので1TBのSSDに交換することにした。

書き込み可能量 1,440 TBWとは安心感があって価格も安いのでSamsung SSD 1TB 860QVO 2.5インチ内蔵型7mmを選んだ。

買ってきたSSDはwindowsの機能のディスクの管理でフォーマットして領域確保をします。そうしないとSSDが認識されません。


Img_3921

先ずはHDDのクローンを作成 今回はEaseUS Partition Master の無料機能でクローン作成

しかしPCがまともに起動しないしHDDが安定して回らない・・・・

PCを45位に傾けて軽く叩いてやるとHDDが読み始める。

HDDが止まったら軽く叩いてを繰り返して3時間かけてなんとかクローン作成に成功!!!

Img_3926

裏ブタを開けてHDDの取出しHDDはウェスタンデジタルの1TB+内蔵8MBSSD ヒンジの部分のはめ合いが固いけど慎重に爪を外せば裏ブタが全部とれます。分解は簡単な方かな・・・

以前 メモリーを16GBに増設した時はフタが硬くて外すのが怖いので隙間から交換しいました。

Img_3927

裏ブタを開けたついでに清掃をしてHDDをSSDに差し替え

軽くて何も入っていないみたいです。

Img_3929

さっそくSSDに取り替えてWINDOWS10 起動

ドキドキ・・・・ 起動が早い

ソフトの起動も 時間が掛かっていたwindowsの終了も早い

別物に生まれ変わったようです。

他のPCも全部SSDに交換だ!!!

 

 

SSDとハードディスク変換アダプター

クローンHDDがPCなしで作られるハードディスクアダプター

ハードディスクアダプターは色々と持っているけど古いので買い換えました。

単体コピーはしないと思うけどなんかすごく使いやすそうです。

A246da6c87c340c8be5021558d2cbb9c

2.5インチSSD 1TB 安くなっているので驚きです。

古いハードディスクの遅いPCをすべてSSDにしようと思います。

B5668806e57b4885bd2cbccce735725c

とりあえずマウント作業 Windows10のディスク管理でバッチリです。

8639ed027f8e4bf8b59a6a70a8f0f441

バッチリ認識しました。

これでクローンを作ってHDDをSSDに取り替えます。

DJI OSMO POCKETのワイドレンズの置き場

 

DJI OSMO POCKETにワイドレンズを付けると凄くいいけど

電源の入りきれで外さないといけないけど置き場所がない

レンズがマグネットでくっ付くので薄い鉄板を切って DJI OSMO POCKETに貼り付けることにした。

95ebd26e409f4cd38c78db1d612372e0  

ケースに入れても邪魔にならない位置に鉄板を貼り付けた。

A537f1e35017411fa433ebfcd53abe92

バッチリワイドレンズがくっ付いてすごく便利になった。

98d1548d0e7747919960b390be69cba6 

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ