ラジコン

夜景撮影

ここで撮影したいと思って2年が過ぎた。
やっと試し写しが出来ました。
飛行マニュアルに書いて提出しているドローンの安全対策が実現が難しくて夜間は5m位しか飛ばしたことが無いですが広い川幅を利用してやっと飛ばせました。



思ったとおり綺麗だったですがDJI Sparkのデーターをスマホで加工しすぎました。



全天球パノラマ写真も写せました。
DJI Sparkだとバッテリー心配になりますがバッチリでした。



次は 1incセンサーのDJI Mavic2Pro と4倍ズームの DJI Mavic2 Zoomで挑戦します。

どれも小型機でハンドランディングが出来るので飛ばしやすくていいです。

大型機に憧れるけど DJI Mavic シリーズが自分には合っているな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Amzonm fire7 でDJI Go4

7インチ Amzon FIER7タブレット ¥3980の激安タブレット



Google playをインストールしてDJI Go4を入れてみると作動しましたが実際に機体を接続するとカメラビューは負荷が大きくてダメでした。



これでDJI Go4が動けば凄くいいけどな〜
Amzon primeビデオを楽しみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DJI Mavic2 Zoom



DJI Mavic2 Zoom用の安価なND C-CLフィルター
DJI Mavic2 Zoomには絞りが無いのでNDは嬉しい
C-PLとNDが一緒になっているのでこれは良いな〜

しかし撮影と編集の腕が・・・進歩なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DJI Mavic2 Pro用 PLフィルター



安価な DJI Mavic2 Pro用のC-PLフィルター
DJI Mavic2 Proは絞りがあるのでNDフィルターよりC-PLフィルターが魅力です。

あ〜機材が良くなっても腕が上がらないな〜(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Parrot BEBOP 2 リポバッテリーバランサー

Parrot BEBOP 2を入手してやたら小物にお金がかかります。

DJI MavicとかDJIの機体はプロポでセル電圧も確認できるけどParrot BEBOP 2はトータル電圧しか分からない
そこでリポバッテリーバランサーでセル電圧をチェックしました。



赤いバッテリーがいつも充電でエラーが出るのでその確認が目的です。



赤いバッテリーは他のバッテリーよりセル電圧がバラついています。



バランス放電させて充電すると白いバッテリは0.01ボルト差になるけど赤いバッテリーは揃ってもしばらくするとバラついてくるのでなにかおかしいです。



セル電圧差は0.04ボルトですが白いセルは0.01ボルトなので何か気になる。

バランスチェッカーは便利ですが調べると怖くなります。

飛ぶものなのでバッテリー異常は怖いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

激安メモリーカード

サムソンの128GB U3 microSDカード



4k撮影はしないけど4k対応

激安だけど大丈夫そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DJI Mavic2 Pro ファームウェアアップデート

ファームウェアアップデートは飛行前の確認で異常があればその場でiPhone 7 PLUSのテザリングで出来るんだけど今回は何故かエラーで出来ない。

仕方が無いのでDJI アシスタント2でアップデートをする事にしたけど・・・
またエラー

アシスタント2のバージョンをアップしたら出来たけど
送信機のアップデートが出来ない。



なんか沢山エラーが出ている



もう一度アシスタント2を入れ替えてって思ったら
機体のアップデートをしたアシスタンしたがGoggles用のアシスタント2だった。

機種ごとにアシスタント2があるとは知らなかった。
DJI Mavic2 のページからアシスタント2をダウンロードしてインストール
送信機も簡単にファームウェアアップデートが出来ました。



念の為機体もファームウェア更新をして完了

SoftBankのウルトラギガモンスターのおかげで余裕で
出先でアップデートが出来ます。

モバイルWI-FIの時は僻地だと電波がなくて
古いファームウェアで飛ばしていました。

ウルトラギガモンスターでテザリングの方がエリアが広くて良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DJI Mavic2 Pro 夜間離発着



DJI Mavic2 シリーズ 最強!!!!!!

1.Zoom付きモデルと1インチセンサーモデルが選べる
1インチモデルは10Bit記録が出来る。

本当はカメラが交換出来るといいけどね

2.全方向 障害物センサー搭載して安全性が高い

3.折り畳んでコンパクトになる

4.時速70km以上でパワフル飛行が安定して31分も飛行できる

5.すごく静かに飛行する これには感動!!

6.電波が安定して長距離のHD転送が出来る

7.LED搭載で夜間も安全に離発着出来る

残念なところは
1.メカニカルシャッターが無いからか動画記録中に写真が撮れないビデオと写真が切り替え式

2.カメラの画角が狭い ため広範囲を写すには距離や高度が必要 24mm欲しかった

気に入らないのはこの2点だのは

35mmフルサイズセンサーと比べると1インチセンサーは見劣りするけどフォーサーズサイズとだと1インチで十分かな

良い点が多すぎて現時点では最強のドローンだな〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドローン滑り止め

DJI Mavic2 ProとParrot BEBOP 2もハンドランディングが行い易い様に滑り止め貼り付け



DJI Mavic2 Proは折りたたみのアームを傷つけてしまいそうです。



Parrot BEBOP 2は広範囲に貼れそうですが小さ目に貼ります。



ハンドランディングが出来るとどこでもパット飛ばせて便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Parrot BEBOP 2専用ショルダーバッグ






Parrot BEBOP 2専用のFPVも充電器も送信機も収納出来るリュックも有るけど大きすぎて邪魔になる。

Parrot BEBOP 2だけを持ち歩くにはリュックが最高だけどキャンピングカーに積んで置くには大きいな〜

しかし DJI Mavic2 Pro用のバッグに比べると機体しか入らないのにデカイです。



比べるとDJI Mavic2 Pro最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧