軍艦島(長崎市 端島)

長崎市 伊王島でCB&DCR運用そして民家泊\(^o^)/

長崎に行ったら行って見たかった伊王島に行きました。



伊王島は大きな橋でつながっています。

驚くほど海が綺麗です。



係留してある舟
海の底まで透き通って見えています。

日本海とは違う美しさです。



東シナ海に沈む夕日を眺めながら交信は期待せずにCQ CQ CQ



遠くに軍艦島「端島」や うっすらと五島列島が見えました。



かなり長い時間灯台や展望台をウロウロして・・・・
島の方と少しお話をして・・・・
無線の話とかキャンプの話で盛り上がって・・・・
気が付けば(⌒-⌒; )



本当にお言葉に甘えっぱなしでm(_ _)m
お隣の門左衛門ご夫婦と妻と6人で美味しくお酒をいただいて
本当に楽しい夜を過ごさせていただきました。



柴犬のヤマト君と妻と寝て
朝は妻と二人でヤマト君のお散歩に



人懐っこくてかわいいワンちゃんです。

晩御飯にお酒を遠慮もなくいただいて更に朝ごはんとお土産まで頂いて本当にお言葉に甘えてm(_ _)m
遠慮知らずでm(_ _)m

今度は手打ちそばを食べに伺います。



理想のご夫婦と出会えて本当に楽しかったです。
お隣の門左衛門 ご夫妻にもよろしくお伝えください
楽しかったな〜

リアル 人生の楽園! ちゃららららら〜

自分たち夫婦も目標に向かってがんばろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軍艦島(長崎市 端島)の写真・・26枚

2010年2月6日 (土曜日)

やまさ海運株式会社のマルベージャ3号で軍艦島上陸コースに行きました。

http://gunkan-jima.com/index.html

予定時間 13:40~16:30

滞在時間40分

軍艦島の海域は波が高く 上陸できる確率は3割

特に寒い時期は難しいということで心配でしたが上陸することが出来ました。

軍艦島の浮き桟橋は、2度流されて今使っている桟橋は3度目の正直だそうです(笑

前回の記事 http://momoneko.moe-nifty.com/blog/2010/02/post-8a92.html

 

長崎港の乗船券売り場 ここで島内の行動についての誓約書を提出

島ではトイレは無いので船で済ませること

島では、タバコ、お酒、傘、ハイヒール、子供の上陸、ペットの同行すべて禁止

Img_0548

パンフレットと乗船券、上陸券

もし上陸出来なかったときは上陸券の300円は返金される

Img_0560

長崎港を出港して約1時間 軍艦島の東側の姿が見えてきた。

軍艦島までの景色の案内は船の右側を中心に行われるので

写真を撮影する方は右側に乗った方が良いです。

Img_2690_2

長崎港から南西に15.5Kmの沖合いに到着

かなり揺れていましたがが船酔いしなくて良かったです。

Img_2694_2 

ドルフィン桟橋を目指して 着岸

イルカのように浮き沈みする浮き桟橋なのでドルフィン桟橋と命名されたらしい

 Img_2701_2

この中央の建物の辺りの地山が元々の島の大きさでここからボタで埋め立てて

軍艦の形の島に成長した。現在の軍艦島の約1/3程度の大きさだったらしい

Img_2714_2

島内では、二班にグループ分けされて団体行動

ルールを守れない人は即 船へ逆戻り

 

Img_2717_2

風雨に耐えてきた 立派なコンクリート建造物  

Img_2718_2  

島の大きさは周囲1.2Km

ピーク時の人口は5200人 世界一人口密度の高い島だった。

体育館、小学校、中学校の跡地

土地が少ないので下の階が小学校、上の階が中学校

屋上には幼稚園も建設されたという

Img_2723_2

洒落たレンガ造りの壁が残っていた。

裕福な島だったので最高水準のコンクリート建造物が多く作られ

島には映画館、パチンコ店など生活に必要なものは何でもあり

当時、珍しかったカラーテレビも一家に一台有ったという。

その頃のテレビは一台ごとにアンテナが必要だった為アパートの屋上はアンテナの林が出来ていたと言う

Img_2739_2

島の高台にある給水タンク 船で水を運んでここに貯めていたと言うが

人口の増加に伴い水・、電気が不足したため海底トンネルで水と電気の供給を受けていた。

Img_2740_2

残された階段は、第二竪坑坑口桟橋跡

この階段を上ってエレベーターで約600mの地下に降りてそこから採炭場まで約1時間の道のり一度入ると帰って来れない危険性も多かったのでこの階段を上る工夫の姿は緊張に包まれていたという それに反して帰ってくる姿は皆にこやかだったらしい

Img_2743_2

積み石を固定するために使われていた赤色の土は中国から輸入した物で

今も風化しないで石と石を固定している。

セメントで固められた部分は完全に風化して崩壊している。

Img_2745_2

島の豊かな暮らしに反して坑内での仕事はガス爆発、落盤など危険と背中合わせで

坑内で交わされる挨拶は『ご安全に!』

この挨拶には、絶対に事故を起こさせないという願いが込められていたという

 

現在の工場でも挨拶に『ご安全に!』っと言うけどこれ程までの思いが込められているかな~?

『ご安全に!』の発祥の地だろうか

Img_2748_2

中央部の灯台は島民が居なくなった昭和49年から島の明かりが消えたため

昭和50年から灯台が灯った。

今はソーラー電源で点灯している。

Img_2756_2

島の西側は、防波堤超える10m以上の波が打ち寄せるので

西の端の建物は防波堤も兼ねていたらしい

 

島には台風も多かったので島民は頑丈島内で高波見物というものをしていたという

Img_2758_2

建屋の中に植物が生えていた。

軍艦島には土が無いため植物が生えてなく

子供が朝顔を知らなかったという

そこで屋上に菜園を作り植物を育てていたという

これが日本発の屋上菜園らしい

Img_2759_2

海水を利用した25mプール

週に2回の海水の入れ替えを行っていたという

Img_2768_3

島には無いものは無いと言われていたが火葬場とお墓は無かったらしい

遺体は近くの島で火葬され島内のお寺の納骨堂に安置された。

お寺は元々禅宗でしたがどのような宗教でも受け入れると言うことで

禅宗から全宗に改名したという

Img_2785_2

西側から見た島の姿

この方向から見た島が戦艦(土佐)に似ているらしい

戦艦土佐は、1922年(大正11年)の軍縮会議「ワシントン条約」で米:英:日の主力艦の所有率を『5:5:3』とすることに決まったため条約を守るため4隻目の戦艦土佐を実船標的として土佐湾に沈めたらしい このデーターが後の戦艦大和の設計データーに生かされたという

Img_2790_2

島の高台に風雨に耐えている神社の祠が在った。

見た目に頑丈そうでもない祠だけど何年も風雨に耐え島を見守っている

ちょっと不思議な感じがした。

Img_2797_2

島の西側 こちらは特に波が高い

そのため船着場は反対の東側に設けてある

Img_2802_2

病院の病棟や隔離病棟なども残っている

Img_2804_2

それにしても立派な建物

良く解体されること無く残っていてくれたな~

Img_2812_2

島の東側を見ながらお別れ・・・・

Img_2820_2

今回の上陸コースで乗船したマルベージュ3号

Img_2849

日本の高度成長期 特に北九州、山口の産業を支えた長崎市 端島

貴重な文化遺産を目にすることが出来ました。

感動しました。

2010年2月6日(土曜日)撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長崎 軍艦島で運用!?

時々軍艦島の映像を目にするけど

漠然と行ってみたいな~っと思っていました。

フェリー会社に電話してみるとたまたま上陸コースの予約が取れました。

本当は、20日の土曜日もキャンセルで空きが出来たのでこれに乗って

夜は長崎ランタンフェスティバルを見て帰ろうと思ったのですが・・・

土曜日というのに仕事 (ToT)

仕方ないので軍艦島とランタンフェスティバルを別々に行くことにして

上陸コースを決行しました。

天気は良かったけど波が高く良く揺れました。

遠くに見える高度成長期の遺産

軍艦島

まさに軍艦そのものでした。

長崎 軍艦島で運用!?

波が高かったので上陸できないかも・・・

心配でしたが無事上陸できました。

この海域は、波が高く上陸できる確立は3割程度

運良く上陸できてよかったな~

島内は団体行動!

タバコ、お酒、トイレ、ハイヒール、傘などNG

制約が厳しく無線は怒られそうでしたが・・・

一応、確認して持ち込みました。

先方曰く 無線って携帯電話みたいなものでしょ?

ハイ・・・

OKと都合よく解釈して持ち込みましたが運用は・・・

ワッチして少し声を出しましたが早々に撤収

ノイズも無くいい感じでした。・・・残念

長崎 軍艦島で運用!?

フェリーを待っている間

長崎港からも運用しました。

いい感じでキュルキュル鳴っていましたが

ノイズが高くて・・・

合法CB運用には、いい所ではありませんでした。

長崎 軍艦島で運用!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)